保険の必要性

横になる猫

    犬や猫を飼っている人は多いですが、多くの家庭でペットは家族として扱われています。家族に万が一のことが合った時のために保険に入っておくと非常に助かります。それと同じでペット保険も大切なのです。

Read More

加入できる種類

かわいい犬

    人間の保険会社があるように、ペットの保険にも保険会社があります。その保険会社によって加入することができるペットの種類は異なります。代表的な犬や猫をはじめ、鳥、うさぎ、亀、イグアナなどを取り扱っている会社もあります。

Read More

保険料の基準

抱っこされる犬

    ペット保険に加入する際に確認しておきたいのが、保険料はどのようにして決まるか、ということです。ペット保険の保険料は、ペットの種類、体重、年齢によって決まります。

Read More

加入するまでの流れ

保険相談

    ペット保険に入りたい場合は、加入までの流れを把握しておくことでスムーズに進めることができます。まず行うのはどういう商品があるか情報収集することです。簡単に資料請求できるので、各会社の商品を比較しましょう。

Read More

医療費の負担

かわいい猫

犬や猫、ハムスター、鳥、などペットを飼っている人は多いですが、ペットを飼っている場合は将来かかる医療費について知っておく必要があります。
ペットと一言で言っても、様々な種類があります。ですから、その種類によってもかかる医療費は変わってきます。
人間の場合は、健康保険が適用されることが多いのですが、ペットの場合でも健康保険が適用されないので、負担が重くのしかかることもあります。
その負担を軽くすることができるのが、民間会社で商品として扱われているペット保険です。ペット保険は、損害保険会社、少額短期保険業者などで取り扱っています。

必要になる保障は、医療保障と損害保障です。医療保障というのは、ペットが病気になったり、怪我をしたりした時に備える保障のことです。
損害保障とは、第3者にペットによって危害を与えてしまった時や、物を壊してしまった時の保障です。
ペット保険会社によって、商品内容は異なります。同じ犬でも小型なのか大型なのか、というのでも変わってくるので、確認しておく必要があります。

ペット保険に加入する際に重要になるのが、業者選びです。ペットに合った業者の商品に加入することが大切です。
ペット保険会社では犬や猫を取り扱っていることがほとんどですが、犬や猫以外の小動物や爬虫類などは、会社によって扱っている種類は異なります。
また、犬や猫の場合でも、高齢の場合は保険契約をすることができないアバイもあるので、注意が必要です。